楽器別最適な防音室の選びかた

電子ドラム・パーカッション

エレクトリックドラムは音量を調整できるので、遮音性能は通常のDr-35程度で対応可能です。
ただキックペダルの振動は生ドラムと同じく注意しておきたいところ。床や壁材のしっかりした防音室を選びましょう。
セットに合わせて適切な広さを確保してください。



関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

防音室の設置にはどのくらい掛りますか?

ご注文から完成までを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.