楽器別最適な防音室の選びかた

エレキベース

演奏スタイルにもよりますが、スペース的には1.2~1.5畳は確保したいところです。
音量はアンプ次第。35dBを選択してもボリュームによっては、遮音性能を上回って外部に音が漏れてしまいます。演奏時はアンプのボリュームにも気を配ってください。
またアンプを床に直置きにすると、音圧で振動が発生します。アンプと床の間にインシュレータを置くなどの対策をしていただいた方が安心でしょう。
特にエレキベースは低音がメインの楽器ですので、特に振動対策が必要です。



関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

防音室の設置にはどのくらい掛りますか?

ご注文から完成までを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.