楽器別最適な防音室の選びかた

フルート

フルートは音域が高いので、比較的防音がしやすい楽器と言えます。高音域の音は壁に反射しやすいので、低音の出る楽器よりも音が外に漏れにくいためです。
また、フルートを防音室の中で演奏するためには、最低0.8畳の広さが必要ですが、0.8畳では譜面台を立てて演奏すことは困難で、防音室の壁に楽譜を貼るなどの制約が出てきます。
1.2畳あれば、座った場合も、立った場合でも演奏に不自由は感じないと思います。
周囲の環境にもよりますが、遮音性能はDr-30~35でも夜遅めの時間でも練習が出来るケースがあります。



関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

防音室の設置にはどのくらい掛りますか?

ご注文から完成までを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.