楽器別最適な防音室の選びかた

トランペット

音量が大きい代名詞にもなるトランペット。ミュートをつけずに練習したいものです。
比較的スペースを必要としますので、少なくとも1.5畳は欲しいところ。 音圧の高い楽器ですので、遮音性能もDr-35以上は確保しておきたいです。出来ればDr-40がおすすめです。
またトランペットやトロンボーンなどベル(音の出口)の大きい楽器は吹く向きによって、音の大きさは大きく違ってきます。例えばベルの正面と横では約10dB近く音の大きさに違いがあります。
そのため防音室の中で練習している状態でさらに音を配慮したい場合には、配慮したい方向と逆の方向にベルを向けて練習すると防音の効果がさらに上がります。



関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

防音室の設置にはどのくらい掛りますか?

ご注文から完成までを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.