楽器別最適な防音室の選びかた

クラリネット・サックス・オーボエ

クラリネットやサックスはスペース的には最小の0.8畳サイズで対応可能です。譜面台の置き場所等も考慮すると1.2畳以上のサイズがおすすめです。
思いの他響きが通る楽器なので、遮音性能はDr-35以上必要かと思われます。周囲の環境によってはDr-30でも対応可。

<クラリネット>

クラリネットの音量はサックスよりは小さく、音域もほぼ中音域の音域ですので比較的に防音はしやすい楽器です。また、フルートのように横に楽器を持たないので、小さなスペースでも演奏、練習が可能です。
スペース的には最小の0.8畳サイズで対応可能です。

<サックス>

サックスは、アルトサックス、ソプラノサックスの中音・高音の方のサックスと、テナーサックス、バリトンサックスの中音・低音の方のサックスでは、必要な防音の性能がかなり異なります。
テナーサックス、バリトンサックスは低音が出て、しかも音の大きさが非常に大きいので、音が壁を通り抜ける傾向が強くなります。
アルトサックス、ソプラノサックスも音は大きいのですが、音域的に中高音の音域なので、音が壁に反射する傾向が大きくなり音は外に抜けにくくなります。
つまり、テナーサックス、バリトンサックスでは非常に遮音性能の高い防音室が必要ですが、アルトサックス、ソプラノサックスは、遮音性能が標準的な防音室でも十分なケースが多くあります。
さらに、遮音に関しては次ことが言えます。
0.8畳でもサックスは練習できますが、狭い部屋では音の出るベルと防音室の壁が近くなることから、防音室の壁の遮音性能が発揮できにくいことが多々あります。そのため、サックスの場合は特に、防音室本来の遮音性能を発揮するためにも広さ1.2畳以上の防音室をお選びいただければと思います。



関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

防音室の設置にはどのくらい掛りますか?

ご注文から完成までを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.