YAHAMA AVITECS AFEシリーズ

防音レベルと音場レベルにおいて、
それぞれ3つのレベルを設定。
ご希望の「防音レベル」と「音場レベル」を組み合わせることで、ニーズに最適な防音環境をつくります。

AFEシリーズの特徴

ニーズに最適な防音環境

防音室の用途には、ピアノのレッスン室やAVルームなどさまざまなものがあるため、個人によって必要とする防音環境は異なります。アビテックスでは、防音レベルと音場レベルにおいて、それぞれ3つのレベルを設定。ご希望の「防音レベル」と「音場レベル」を組み合わせることで、ニーズに最適な防音環境をつくります。

建物の躯体との総合性能で、高い遮音性能を実現

アビテックスでは、壁および天井にすぐれた遮音性能をもつ独自の3層構造のパネルを用いています。また、床には乾式浮床構造を採用。総合的な防音システムで、部屋全体の遮音効果を発揮します。

総合遮音性能参考例

躯体との総合遮音性能で、すぐれた効果を発揮します。

単体遮音性能特性データ

特許出願技術について

ヤマハが積み重ねてきた経験と培ったノウハウ。そのすべてを注ぎ込んだのが、ヤマハの防音室「アビテックス」です。アビテックスには特許・実用新案出願中の独自の技術が随所に生かされており、洗練された品質で、あらゆる防音環境を創造します。

音場タイプを選択できます

ご予算や用途にあわせて、
「Basic音場」「High-Grade音場」「Special音場」の3つの音場レベルからお選びいただけます。

「High Grade音場」と「Special音場」には、ヤマハの音響設計の粋を集めた「調音パネル」の技術を採用、薄さわずか3mmのパネルにより、歪みのない自然な音の響きと美しいインテリア性を両立しています。一音一音が明確に聞こえ、技術習得を確実にします。好みの響きにチューニングできるので、長時間のレッスンでも耳の疲れが少なく負担を軽減します。

「S調音パネル」と「S吸音パネル」が、低域から高域までのワイドな音域で響きをコントロール。楽器本来の音が美しく響きます。

「F調音パネル」が、響きをコントロール。1音1音が自然に響くため、細やかな演奏表現も正確に聴き取れます。

基本的な音場性能により、音のこもりや不自然な響きを整えた空間。静かに過ごすための静空間にも適しています。

Special音場

自然な美しい響きで、長時間のピアノレッスンにも、心ゆくまで取り組めます。

S調音パネルで音場を追求した本格的なレッスンルームです。
ペダリングや微妙なタッチの感覚がつかみやすい上、耳の疲れも少なく、技術の習得・確認に最適です。
S調音パネルとS吸音パネルが、低域から高域までのワイドな音域で響きをコントロール。楽器本来の音が美しく響きます。

S調音パネル/S吸音パネル/S化粧パネル

優れた音場性能とインテリア性を兼ね備えたハイクラスタイプ。
さらに高品位な音場環境づくりを可能にする、Special音場専用のS調音パネル。
お好みにあわせてカラーと仕上げ方法が選べるため、内装にもこだわった空間がつくれます。

吸音率の変更が可能

お部屋の広さに応じた推奨値の音場設定から、S調音パネルとS吸音パネルの枚数・組合せを変えることにより、ご希望の吸音率に変更が可能です。

仕上げバリエーション

お好みの内装・カラーを選ぶことで、インテリア性にもこだわれます。

一定間隔でS調音パネルを配置

S調音パネルの間に
同色のS化粧パネルを配置

壁一面に同色のS化粧パネルを配置

HighGrade音場

ひとつひとつの音がクリアに響く、家族が自然に集う、お気に入りのスペースです。

F調音パネルで音場をコントロールすることで、よりナチュラルで快適な響きの空間に。ご家族でのアンサンブルなど、複数楽器の演奏も長時間楽しめる環境をご提供します。
ホームシアターやオーディオルームとして利用すれば、迫力あるサウンドはもちろん、これまで聴き取れなかったサラウンドスピーカーの繊細な音まで、音源に忠実で定位の良い音で表現できます。

「F調音パネル」とは

薄さ3cmのパネルが、音の響きを快適にコントロール。
ヤマハF調音パネルは、わずか3cmの薄さで室内の響きのバランスを巧みにコントロール。良質で快い響きの音場空間を、省スペースに実現します。
※特許出願中

音が響きすぎる場合は「吸音」を、聴き取りにくい場合は「散乱」を適度に行い、耳にやさしいバランスの良い音に整えます。
ヤマハ独自のパネル構造により、125~400Hzの広い帯域でほぼ平坦な吸音特性を発揮。散乱特性も併せ持っているため、グラスウールパネルや合板といった一般的な吸音材では実現できない、音響障害のないクリアで心地よい音響空間をつくります。

Basic音場

音のこもりや響きを整えた基本音場。音楽の楽しさが、さらに広がります。

家族や仲間が集うホームシアターから、楽器やゲームのプレイルームまで使い方はいろいろ。
高水準での防音効果と音場効果の両立により、周りに気をつかうことなく、楽しいひとときを満喫できます。
明るいカラーでコーディネートされたレッスンルーム。時を忘れて演奏を楽しめる快適な音場性能と、静かな午後のひとときを創りだす防音性能を兼ね備えた空間です。


防音室ラインナップ

YAMAHA

ココがポイント!

空調が必要な場合は1.2畳以上の大きさで

閉め切った空間になるので、夏場に長時間こもる場合は、やはりエアコンが欲しくなります。そんな方には1.2畳以上のタイプから選択してください。
0.8畳は換気扇のみでエアコンの取り付けはできません。

「お部屋の中にお部屋を作る」定型サイズのメリット

ヤマハの防音室アビテックスシリーズや音工房オリジナル防音室KJは、「お部屋の中にお部屋を作る」という考え方で床・壁・天井を全てふさぐことで音の抜ける隙間をなくし、かつ響きすぎない、吸音し過ぎない快適な演奏空間(音場)を作り出します。
趣味でピアノをお弾きになる方の中には、「ちょっとした防音でいいんですが…」と、窓やドアだけ防音をされる方がいらっしゃいますが、なかなか思ったような遮音性能が得られないことが多々あります。
これは、ピアノ自体が振動して音が出ているので、その音が四方八方に広がっていくことが原因です。例えば集合住宅で階下の方に対して防音したい場合、マンションの床だけ厚くして防音対策をしただけでは思ったような遮音効果は得られません。床だけ厚くしても壁や天井から音が抜けていき、階下に聞こえてしまうことが原因です。
上の階の方に対して天井だけを防音したり、お隣りの方に対して壁だけ防音対策を行っても思ったような効果が得られないことも、同じ理由です。

ピアノには定型サイズがおすすめ!

趣味でピアノを弾かれる方にとっては、お部屋いっぱいに防音室を作ることより定型サイズのもの(ヤマハ防音室のアビテックスセフィーネ Ⅱ、セフィーネⅡevルームタイプ)の方が適するケースが多くあります。その理由として、防音室の遮音性能がはっきりしていること、自由設計でお部屋いっぱいに防音室を作るより安くできること、また移転や防音室がいらなくなっても移動や撤去が容易にできることなどが挙げられます。
  • 防音室強化買取

関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

自分に合った防音室が分からない。

楽器別最適な防音室の選びかたを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.