音工房オリジナル防音室 KJシリーズ KJユニット

低価格で驚きの高性能を実現!

阪神間の多数のピアノ指導者様、レスナー様に購入していただき、満足していただいております。
気がねなくピアノが弾けるプライベートレッスン室として、1.5畳から5.3畳まで、お部屋の形状に合わせてご相談を承ります。

KJシリーズの特徴

  • 安心防音性能
  • 音場設計完備
  • セミオーダータイプ
  • 大型ドア
  • 納得の低価格

※マンション等の梁・柱逃げも対応できます。(別途見積り)

防音室、遮音測定

新響オリジナル防音室KJの遮音性能を測定した動画です。
音源はグランドピアノを使いました。

大型ドア

伝統のヤマハドアの工芸技術と防音技術がひとつになりました。木製のドアでありながら、Dr-35という高い防音効果を上げています。デザインはすべて木製のパネルタイプとガラスタイプの2種類。色調もダークとライトの2種類です。

KJユニット 人気タイプシリーズ

ピアノサイズ定番ユニット ラインナップ・開口ドア一箇所 仕様表
(マンションタイプ、梁・柱逃げ対応は別途見積りになります。)

サイズ 1.5畳タイプ 2.0畳タイプ
外寸 W×D×H
単位:mm
1850×1380×2270 1900×1900×2270
内寸 W×D×H
単位:mm
1690×1220×2100 1740×1740×2100
設置できる
部屋のサイズ
(めやす)
4.5畳~
設置可能
ピアノ(楽器)
キーボード
管楽器等
アップライトピアノ
管楽器等
ドア 木製防音ドア(ヤマハ製)
<寸法> W731 or 831  H1786 or 1999
電装品 <換気扇>
熱交換型換気扇
<装備>
電気配線一式、照明用ローゼット、2口コンセント(1カ所)、照明用スイッチ
価格(税込)
(基本組立費含む)
※運送費別途
¥861,840~ ¥1,020,600~
サイズ 3.0畳タイプ 4.3畳タイプ 5.2畳タイプ
外寸 W×D×H
単位:mm
1900×2900×2270 2400×3300×2270 3300×2700×2270
内寸 W×D×H
単位:mm
1740×2740×2100 2240×3140×2100 3140×2540×2100
設置できる
部屋のサイズ
(めやす)
6畳~
設置可能
ピアノ(楽器)
グランドピアノ
ヤマハC3クラスまで
大型グランドピアノ対応
レッスンルームとして使用できます。
ドア 木製防音ドア(ヤマハ製)
<寸法> W731 or 831  H1786 or 1999
電装品 <換気扇>
熱交換型換気扇
<装備>
電気配線一式、照明用ローゼット、2口コンセント(1カ所)、照明用スイッチ
価格(税込)
(基本組立費含む)
※運送費別途
¥1,293,840~ ¥1,553,040~ ¥1,911,600~

1.5畳タイプ

キーボード・管楽器用
本体価格:

¥861,840~

  • ※基本組立含む。
  • ※基本運搬費別途 ¥37,800

2.0畳タイプ

アップライトピアノ・管楽器用
本体価格:

¥1,020,600~

  • ※基本組立含む。
  • ※基本運搬費別途 ¥43,200

3.0畳タイプ

グランドピアノ・管楽器用
本体価格:

¥1,293,840~

  • ※基本組立含む。
  • ※基本運搬費別途 ¥54,000

4.3畳タイプ

大型グランドピアノ対応
レッスンルームとして使用できます。
本体価格:

¥1,553,040

  • ※基本組立含む。
  • ※基本運搬費別途 ¥54,000

5.2畳タイプ

指導者の方のレッスン室に快適ゆとりの大型ユニット
楽器を2台設置することも可能
本体価格:

¥1,911,600

  • ※基本組立含む。
  • ※基本運搬費別途 ¥54,000

※上記価格は全て税込みです。


防音室ラインナップ

YAMAHA

ココがポイント!

空調が必要な場合は1.2畳以上の大きさで

閉め切った空間になるので、夏場に長時間こもる場合は、やはりエアコンが欲しくなります。そんな方には1.2畳以上のタイプから選択してください。
0.8畳は換気扇のみでエアコンの取り付けはできません。

「お部屋の中にお部屋を作る」定型サイズのメリット

ヤマハの防音室アビテックスシリーズや音工房オリジナル防音室KJは、「お部屋の中にお部屋を作る」という考え方で床・壁・天井を全てふさぐことで音の抜ける隙間をなくし、かつ響きすぎない、吸音し過ぎない快適な演奏空間(音場)を作り出します。
趣味でピアノをお弾きになる方の中には、「ちょっとした防音でいいんですが…」と、窓やドアだけ防音をされる方がいらっしゃいますが、なかなか思ったような遮音性能が得られないことが多々あります。
これは、ピアノ自体が振動して音が出ているので、その音が四方八方に広がっていくことが原因です。例えば集合住宅で階下の方に対して防音したい場合、マンションの床だけ厚くして防音対策をしただけでは思ったような遮音効果は得られません。床だけ厚くしても壁や天井から音が抜けていき、階下に聞こえてしまうことが原因です。
上の階の方に対して天井だけを防音したり、お隣りの方に対して壁だけ防音対策を行っても思ったような効果が得られないことも、同じ理由です。

ピアノには定型サイズがおすすめ!

趣味でピアノを弾かれる方にとっては、お部屋いっぱいに防音室を作ることより定型サイズのもの(ヤマハ防音室のアビテックスセフィーネ Ⅱ、セフィーネⅡevルームタイプ)の方が適するケースが多くあります。その理由として、防音室の遮音性能がはっきりしていること、自由設計でお部屋いっぱいに防音室を作るより安くできること、また移転や防音室がいらなくなっても移動や撤去が容易にできることなどが挙げられます。
  • 防音室強化買取

関連ページのご案内

ここがポイント

低価格の防音室を探したい。

音工房オリジナル防音室を見る。

中古防音室の取り扱いはありますか?

ヤマハ中古防音室を見る。

自分に合った防音室が分からない。

楽器別最適な防音室の選びかたを見る。

防音室の体験はできますか?

展示店舗をご案内します。


  • このページのTOPへ
  • お問い合せはこちらから


Copyright © SHINKYO-GAKKI. All rights reserved.